ドリフェス限定[輝きに手を伸ばして]香澄フィギュア制作始動!!

ドリフェス限定[輝きに手を伸ばして]香澄フィギュア制作始動!!

みなさんこんにちは!Craft Egg Store担当の佐藤です。

この度、「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(以下、「ガルパ」)のドリームフェスティバルガチャ(以下、ドリフェス)限定イラストを使ったオリジナルフィギュアの制作が決定いたしました!

今回フィギュア化したのは、ドリフェス限定メンバーである、[輝きに手を伸ばして]戸山香澄の特訓後イラスト。
Craft Egg Store単独では初めてのオリジナルフィギュアにかける想いやこだわりと共に、フィギュアの制作状況をみなさまにお伝えしていきたい!そう思い筆を取らせていただきました。

発売開始までの期間、フィギュアの制作から完成までのストーリーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

オリジナルフィギュアを作りたい

Craft Egg Storeがオープンしてから早いものでもうすぐ1年。
「ガルパ」の4周年グッズやバースデーグッズ、アプリ内再現グッズなど、様々な商品を制作してきました。たくさんのお客さまのお手元にお迎えいただいたことをスタッフ一同とても嬉しく思っています。

Craft Egg Store単独でオリジナルのフィギュアを作ることは、ストアの発足当初からの夢のひとつでした。そして、フィギュアを作るなら光や風といったエフェクトも含めて、「イラストの世界観の表現」にこだわり抜きたい!と考えていました。

そこで頭に浮かんだのが、「ドリフェス限定の特訓後イラスト」。
各メンバーの魅力を最大限引き出すことに力を注いでおり、社内でもフィギュア化を希望する声がとても多かったんです。
「ドリフェス限定イラストなら、きっと我々の目指すフィギュアが制作できる!」。こうして、この度のフィギュア化が決定しました!

原型師iTANDiさんとの出会い

オリジナルフィギュア制作にあたり、さまざまな原型師さんや企業に相談させていただきましたが、「ドリフェス限定の特訓後イラスト」ほどの細かさ、そして目指すサイズ感となると、制作ラインやスケジュールなどの面でなかなか条件が合わず、さっそく難航。
そんなとき、SGE(※)グループ内の繋がりから、原型師iTANDiさん(@itan_di)を紹介していただけることになったんです!
我々もiTANDiさんの作品を拝見し、「iTANDiさんなら我々が目指す世界観の表現を形にしてくださる!」と確信したので、正式にご依頼させていただいた結果、なんと快諾!
(iTANDiさん、本当にありがとうございます!)

ようやく本格的にオリジナルフィギュア制作が進み始めました。

※サイバーエージェント ゲーム・エンターテイメント事業部の略

3D原型監修

ここからは、実際のフィギュアの制作過程をご紹介していきます。

まずは、お渡しした資料を元に3D原型の制作をしていただきます。
実際にお渡しした資料はこちら。

(衣装の見えない部分などをイラストチームに新たに描き起こしてもらいました。)

制作いただいた3Dデータを社内で監修し、修正したいポイントをフィードバックします。
監修は「ガルパ」のアートディレクターである信澤をはじめ、3Dデザイナーやイラストレーターにも協力してもらいました。

実際にiTANDiさんにお送りした、フィードバック資料がこちらです。

髪型に関する細かい修正ポイントや、

リアルさを追求した手の角度調整など、細かく指示を書き込んでいきます。
ちなみに、写真は信澤の手。必要であればこのように自分の体を使ってフィードバックします。

顔まわりはキャラクター性を左右する一番重要な部分なので、特に丁寧に細かく確認していきます。

フィードバックを経るたびに、どんどん「香澄らしく」なっていきます。かわいい……。

イラストの世界観をフィギュアに落とし込む上で、一番こだわったのは、「イラストをいかにそのまま表現するか」ではなく、「イラストの魅力はそのままに、フィギュアになったときにいかに香澄らしさを出せるか、香澄を引き立たせられるか」ということです。

最初は、イラストを忠実に再現するのが良いだろうと考えていましたが、いただいた3Dモデル(左図)を見て、忠実に再現することで逆に世界観がうまく伝わらなくなるかもしれない、ということに気付きました。

「雲のインパクトが強いので、入れるにしても土台周りだけにした方がいいかもしれない」
「香澄といえばやっぱり星だし、このイラストの大事なポイントって流れ星だよね」
「でもイラスト通り香澄の前に置いてしまうと香澄を邪魔してしまうかも」

といった議論をスタッフ内で行った結果、イラストをそのまま再現するよりもフィギュアとして成立する形にするため、右図のように調整することなりました。


そして何度かのやりとりを経て……全体像が見えてきました!!

こちらは仮出力前の3Dモデルを、感動のあまり回してみたものです(笑)。

この時点でスタッフ全員、とてつもなくテンションが上がっていました!

原型仮出力監修

そして、先ほどの3D原型の仮出力があがってきました!どどん!

思っていたよりも大きい!!!
今まで3Dデータだったものが実物となって目の前にある感動!
すごいものが出来上がる予感に社内もザワつきました。

仮出力を見ながら、3Dでは気づくことができていなかった部分や、実物を見ると若干イメージと違うかも…というような部分をフィードバックしていきます。

顔の細かいパーツについてはもちろん、

躍動感を出すために髪の毛のハネ具合にもこだわります。

3Dデザイナーの観点からもフィードバックをさせていただきました。

リアルな手の角度、再びこだわります……。

※フィードバックを記載している画像は3Dモデルのものですが、実際には仮出力を確認した内容を書いています。

「ガルパ」の衣装デザインは、キャラクターの魅力を引き出す上で重要な要素。
衣装デザインを担当したイラストレーターにも協力してもらい、抜けているパーツがないか、立体になったときの表現が間違っていないか、細部まで確認していきます。

原型最終監修

仮出力でフィードバックさせていただいた部分の修正稿を頂き、最終確認をしていきます。

雲をとてもリアルにしたものを提案してくださったのですが、「ガルパ」のかわいらしい世界観には前回までの雲の方がイメージに合うかも、ということで、元に戻してもらいます。
さらに、イラストにできるだけ寄せるべく、全体的に星を足してもらうことにしました。

こうして出来上がった原型がこちら…!

すごい!!!!!!!!
私たちの目指す「イラストの世界観の表現」が見事に形になりました!色を塗る前でもかわいい……。

ゼロからのスタートでしたが、これでようやく原型の完成です。
この後、こだわりのエフェクトが彩色でどのように色付くのか、つくり手の我々も楽しみです!
(我々のこだわりを余すことなく形にしてくださったiTANDiさん、改めてありがとうございます!)


ここまでお読みいただきありがとうございました。
フィギュアの情報はストア内お知らせやストア公式Twitter(@CraftEggStore)でも順次お知らせしていきます。
完成まで楽しみにしていていただけたら嬉しいです!


佐藤